橘漁港

<広告>

橘漁港

E04橘漁港北 (6)
東波止付け根から先端方向

 

小豆島東岸、岩谷漁港の南にある大きな港が「橘漁港」です。港の東西どちらにも外波止と内波止があり、沖向きのほとんどに大きな三角形のテトラが設置されています。港内には係留船が多いので、トラブルのないように注意が必要です。

 

昔の情報誌によると東波止はグレが非常に多いそうです。また、港内向きで40cmオーバーのザブトンカレイの実績があり、投げ釣りでは他にキスやチヌ、ベラ、ハネがよく釣れていたようです。

 

駐車スペース:あり
トイレ:なし
自動販売機:あり
電線:西波止の一部あり
常夜灯:西波止の一部あり
係留船:波止には少ないが港内奥部に多い
波除け:なし

 

 

まず東の波止からですが、赤灯台のある先端までコンクリート舗装されていない敷石の波止で波除けはなく、周囲は内向きの一部分以外のほとんどにテトラが設置されています。このテトラは形がよく、上に乗って釣ることもできそうでしたが、
救命具やスパイクブーツを身につける
夜間や降雨後は立ち入らない

 

など十分に身の安全を確保してください。

 

過去の釣り情報誌によるとテトラ上からの釣りになるため投げ釣りよりもフカセ釣りがよく、30cm級のグレやチヌの数釣りの他に、エギングでのアオリイカも数釣りが楽しめるようです。ただ、エサ取りのスズメダイやフグが多いので要対策とのこと。全体的に潮は緩いようで、中潮から大潮にかけての釣行が良いそうです。

 

E04橘漁港北
東波止付け根付近

 

<広告>

 

E04橘漁港北 (10)
東波止先端の赤灯台

 

E04橘漁港北 (8)
東波止から見た沖波止

 

E04橘漁港北 (16)
東波止先端から付け根向き

 

 

次に西の波止ですが、付け根から中間部までは石積みの波止で、中間から先端まではコンクリート舗装されています。
石積みの部分までは沖向きに三角形の形の良いテトラが入っているので釣り難そうですが、コンクリート波止部は波除けもなくフラットで釣りやすそうでした。常夜灯は石波止部分のみ設置されています。

 

過去の釣り情報誌によると根掛かりが少なく、投げ釣り、フカセ釣りともに楽しめるようです。潮は緩く、やや浅いため春先は藻が多いそうなので、釣り座を構える前によく確認しておきましょう。

 

足場は良く、アジ、カレイ、キス、グレ、コブダイ、チヌ、ハネ、ベラ、メバルなど多様な魚が釣れていたようです。

 

E05橘漁港南 (7)
西波止付け根から先端方向

 

<広告>

 

E05橘漁港南 (11)
西波止先端から見た東波止と沖波止。海上に見える白いのは海鳥の群れ。

 

E05橘漁港南 (14)
西波止先端から付け根向き

 

また橘漁港の港内向きに小さな内波止2つがあり、入釣者は少なそうなので、漁船の出入りに注意して釣ってみると面白いと思います。

 

 

 

<広告>