公共バス・定期船で行ける海釣りポイント

当サイトでは自家用車で行ける海釣りポイントを紹介していますが、公共バス・定期船で行ける場所もあるのでアクセス方法も含めて紹介しておきます。

 

公共交通機関を利用して釣りに行く場合は、他の乗客の迷惑にならないように十分気をつけてください。
荷物は減らし、清潔な服装を心がけるのはもちろんですが、においにも気をつけましょう。

 

公共交通機関を使うので発着時間もしっかりと把握しておきましょう。

公共バス・定期船で行ける海釣りポイント記事一覧

日生沖の「大多府島」は「日生港」や「頭島漁港」から定期船に乗って行くことができます。どちらの場合も駐車場から乗り場まで徒歩で約10分かかります。また「大多府島」の釣り場は漁港以外は南岸にあるため、坂を越えたり岩場を歩くことになるので、軽装での釣行をオススメします。対象:港は初心者、家族向き。南岸は中級者以上向き。トイレ:港と展望台近くあり以下は大多府港のみ自動販売機:あり係留船:多い波除けの高さ:...

岡山県瀬戸内市の牛窓港からフェリーを利用して「前島」へ行くことができます。乗船時間は約10分なので、あっという間に着きます。フェリーは便数が多く、乗船料も安いので休日には多くの人が訪れます。徒歩でも渡れますが、新フェリー乗り場以外の場所で釣るなら車で渡ったほうが便利です。対象:新波止は初心者、家族向き。旧フェリー乗り場や南岸部は中級者以上向き。駐車スペース:あり以下は新フェリー乗り場の情報自動販売...

「犬島」には「西宝伝港」から定期船で行くことができます。瀬戸内芸術祭以降は観光客が増え、立入禁止区域も増えましたが、まだ釣りが可能な場所があります。ただ、芸術祭関連イベント開催時は混みあうので避けたほうがいいでしょう。犬島港にはトイレや自動販売機があり、島内にはいくつか食事ができる場所もあるので、観光のついでに釣りを楽しむのもいいと思います。定期船は観光客が多いので、嫌な気分にさせないような服装、...

「直島」は宇野からフェリーや定期船で行くことができます。アートの島として有名になったため観光客が多いですが、ここで紹介する本村港の北や積浦港などの観光ルートから外れた場所は人が少ないので落ち着いて釣ることができます。現在の直島には新規オープンしたお店が増えたので、食べる場所に困ることはないと思います。ただ店内に釣り具を持ち込むのはマナー違反ですので、店先に置いていいか確認しましょう。また島内にはア...

瀬戸大橋の下にある「櫃石島」へは児島駅などからバスで行くことができます。バス停は児島駅から近いのでマイカーのない人でも安く手軽に行ける島なので、紹介しておきます。バスの便数は多くないので必ず確認しましょう。車で児島駅まで行く場合は、駅付近に有料駐車場があります。また「鷲羽山」停留所付近の山沿いの空きスペースに駐車して、バスに乗ることもできますが無理な駐車は絶対にしないように!対象:「小学校前」の波...

瀬戸大橋の下にある「岩黒島」へは児島駅などからバスで行くことができます。バス停は高速道路にあり、エレベーターを使って地上と行き来します。島はあまり大きくないですが、時間に余裕をもって行動しましょう。またバスの便数は多くないので必ず確認しましょう。車で児島駅まで行く場合は、駅付近に有料駐車場があります。また「鷲羽山」停留所付近の山沿いの空きスペースに駐車して、バスに乗ることもできますが無理な駐車は絶...

瀬戸大橋の下にある「与島」へは車のほかに児島駅などからバスで行くこともできます。ただし、バスの便数は多くないので必ず確認しましょう。車で児島駅まで行き、バスに乗る場合は、駅付近に有料駐車場があります。また「鷲羽山」停留所付近の山沿いの空きスペースに駐車して、バスに乗ることもできますが無理な駐車は絶対にしないように!バスで与島へ行く場合は瀬戸大橋FW前で下車、車の場合は第二駐車場に停めて各釣り場に歩...

下津井沖の本島へは児島観光港からの定期船に乗船し約30分で行くことができます。児島駅から児島観光港までは近く、歩いて約5分で行くことができるので便利です。ただ釣具屋までは離れているため、事前に準備したほうがいいでしょう。車の場合は児島観光港の駐車場を無料で利用できます(切符売り場で車のナンバーを申告してください)。定期船は本数が1日4本と少ないので、しっかり計画を立てて行きましょう。特に餌や仕掛け...

お笑いコンビ「千鳥」の大悟の出身地として有名になった「北木島」には、岡山県西部の笠岡市からフェリーや定期船で行くことができます。フェリーは「伏越港」から発着し、車ごと乗船することができます。「伏越港」に車を停めて徒歩や自転車で行くこともできますが、駐車場がいっぱいの事がたまにあるので注意が必要です。また「伏越港」からは「白石島」行きフェリーも発着しているので間違えないようにしましょう。定期船は「笠...